珪藻土

珪藻土とは

植物性プランクトン(珪藻)が、長年にわたり海底や湖底に堆積して化石化したものです。
昔から七輪の材料として、また現在はビールのろ過材として使用されています。
ナノメーター(1mmの100万分の1)単位の孔が無数に並ぶ「超多孔質構造」を持ち、湿気による結露と湿害を防止する優れた効果を発揮します。

部屋の空気はカラカラ、窓や壁はびしょ濡れ。表現はオーバーですが、現在の高気密住宅の特長です。
こうした住宅は、カビやダニ、腐朽菌が繁殖しやすく、さまざまな弊害を引き起こします。
たとえば、カビの胞子やダニの死骸は室内を浮遊してアレルギーなどの健康被害を招き、また腐朽菌が建物をいため、その寿命を縮めます。
これらの症状は、目先の経済性を最優先し、材料の吟味を後回しにして、気密性を高めたことによって生じたもの。
昔ながらの木と土の住まいには見られなかった、いわば住まいの「現代病」です。

珪藻土の優れた特長

天井・壁が呼吸し、快適湿度の室内空間を保ちます。

吸・放湿機能が大きく、また、自律的に呼吸し続けるため、半永久的に調湿機能を発揮。
部屋の中を快適な湿度にしていきます。

結露を防ぎ、カビ・ダニを抑えます。

優れた調湿性・吸水性によって壁内外の結露を防ぎ、カビやダニの発生を抑制します。

気になる生活臭を吸着・脱臭します。

タバコやペットの臭いなど家の中の生活臭や有害成分を吸着・脱臭する働きをします。

断熱・保湿効果で、夏は涼しく、冬は暖かく。

無数の気孔が空気の層となり、外気温に影響されにくい室内環境が得られます。

優れた耐火性にも定評があります。

有害成分がなく不燃性で、七輪の原料としても使用されています。

室内の音の反響を抑える効果もあります。

地下室などの音の反響にお悩みの方にもおすすめできます。
ページトップへ