無垢の木材

無垢木材について知っておきたいこと。

選び方について

色の違い、木目のニュアンスや節の有無、巾の広さ、香りなど、無垢の木には、それぞれに個性があります。
また、堅い木は傷がつきにくい、柔らかい木は足触りがいいなど、機能面の特長もあるので、お好みと使用目的にあわせて絞り込んでいきます。
最後はショールームで実物を見てから決定することをおすすめします。

経年変化について

無垢の木は、新品が一番きれいでだんだん汚れていく素材ではなく、使い込むほどに魅力を増していく素材です。
時間とともに色が変化したり、丸みが出たり、ツヤが出たり・・・と、木の種類によって年の取り方もさまざま。
その変化を楽しむことこそが、無垢木材とつきあう醍醐味です。

床暖房について

無垢木材の中には、床暖房に使用できるものがあります。
激しい温度変化にも耐えられるよう、熱処理などの特殊な処理を施し、厳しい試験をクリアしたものだけをお届けしています。
夏場にさらっとした感触を楽しみたい方には、オイルフィニッシュのタイプがおすすめです。

デッキについて

デッキが最も活躍するのは、暑い夏。
タイルや人工木材だと表面がかなりの高温になってしまいますが、無垢木材のデッキは熱くなりにくいのが特長。
お子さまにも安心な自然塗料と、釘が表に出ないデッキクリップを合わせて使えば、素足でも快適に楽しむことができます。

木の動きについて

無垢の木は、呼吸しているかのように常に動いています。
夏のじめじめした時期は、木が湿気を吸って膨らみ、冬の乾燥した時期は、木が水分を放出して縮みます。
この膨張収縮する性質が、部屋の中に自然な調湿作用をもたらし、無垢木材が「天然のエアコン」と呼ばれる理由です。

メンテナンスについて

特別なお手入れをしなくても、機能面ではとくに問題ありませんが、メンテナンスすることで、木が持つ本来の色や自然な光沢が蘇り、床は生き返ります。
オイルフィニッシュであれば、基本的に年に1度が目安。
ちょっと手をかけてあげることで、汚れや水に対する保護力や美しいツヤをキープすることができます。

塗装について

無垢木材を生活の中で使用する場合、塗装は不可欠。
塗装には、ナチュラルでマットな仕上がりの浸透性塗料と、傷がつきにくいコーティング系塗料の2種類があります。
同じ種類の木でも、塗装の種類によって仕上がりも機能もまったく異なるので、塗装の選択は、木を選ぶのと同じくらい重要。
ぜひ、ショールームで、実物を比較してお選びください。

価格について

新建材などと比較するとやや高めだと感じるかもしれませんが、補修しながら長く使うことができるので、長い目で見るとリーズナブル。
生活の中で毎日触れるものにこそ、本物を使うことで、そのよさを充分に実感できるはずです。
樹種やグレードによって価格帯はさまざまなので、ご予算にあわせてお選びいただけます。
ページトップへ