バリアフリーリフォーム

住まいの安全性を配慮し、使う人の暮らしと気持ちを考えた空間作り

介護を考えた移動しやすい動線設計

手摺ユニット

車イスも使える耐傷性にすぐれた床暖房

耐傷性イメージ
車椅子の汚れや傷がつきにくいので、安心して使用できます。
注)車椅子使用の際のご注意:
一般床材よりも耐すり傷性を向上させておりますが、車椅子の材質や使用条件によっては、床表面に傷や汚れがつくことがあります。また、車輪に付着した砂などにより傷がつくことがあります。傷が気になる場合は、ワックスを塗布すると目立ちにくくなりますが、ワックスの皮膜により床材塗膜本来の性能を発揮することができなくなります。

立っても座っても使いやすいキッチン

A型キッチン
カウンターをアルファベットのA型にすることにより、調理作業の大幅な効率化が図れるユニバーサルデザイン設計のキッチン。
立って使用するタイプだけでなく、シンク・作業カウンター・コンロ下まで座った状態で足が入るようにオープンスペースにし、背の高い人やご年配の方でも身体への負担が軽減され、長時間の作業が楽になります。

ページトップへ